Warning: file(http://jinzai-h.com/sys/link/39) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/home/yellow3/public_html/d-p.gr.jp/menu/parts.html on line 35

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/home/yellow3/public_html/d-p.gr.jp/menu/parts.html on line 37

パーツと車体を別々に売る

自分のバイクを自分流にカスタムする人は多いと思いますが、古いパーツを捨ててしまう人もいます。これは実にもったいない話ですね。バイクを新しく購入したとしても、それを一生乗り続けることはほとんどないでしょう。つまり、必ずどこかの時点で売却を考える必要があるということです。

バイク買取業者は、一般的にはカスタム車よりもノーマル車を好みます。カスタムは個人の趣味や感性が関係していますので、いくらあなたが魅力を感じるカスタムでも、人によっては理解されないこともあるためです。そこで、もし古いパーツを保管しているなら、カスタム前のノーマル車の状態に戻してから売却する方法もあります。こうすることで、ノーマル車に戻った車体を売るだけでなく、パーツも単体として売りに出すことが出来るんですね。とくに、値段の高いパーツでカスタムするなら、絶対に古いパーツは残しておくべきです。バイク買取業者にパーツ単体を売ることは難しいのですが、人気のパーツであればオークションで高値で売ることが可能になってきます。

私の知り合いは、400ccのバイクをカスタムしていましたが、売却時にはノーマル車に戻して売っていました。そして、カスタムパーツをオークションで売却したところ、なんと新車が買えるほどの現金をゲットしたのです。

カスタム車はそのままオークションに出品しても高値で売ることも出来ますが、もし、あなたのカスタムがオークションでも認められないなら、ノーマル車に戻して車体を売却し、パーツを別に売りに出す方法も検討してみてください。